多くの問い合わせがあり、入荷を待って頂いていた皆さんには 本日 納品及び発送させて頂きました 3月から弊社とコラボして頂いている熊野筆の晃祐堂さんが 酒粕石鹸と洗顔用化粧筆を一緒に 上海、台北などでの販売を本格的に開始されました 海外でも 酒粕石鹸の評価は高いみたいです
スポンサーサイト


暖かくなって 蔵の前の空き地に ツクシがどんどん生えてきました。一昨日は 収穫したツクシが卵とじで 食卓に 春といえば 安浦名物の《白魚》も 旬を迎えます




今年から ラベルを誂えることにしました 販売店様によって 地元の中国新聞に巻いたもの、黒い紙の袋に入れたもの、バラエティーに富んでいます 蔵の直売では 画像のラベル仕様での販売となります。どこかで 見かけたら 色んなパッケージで お楽しみください
軽トラックを運転していると 目の前をオスの雉(きじ)が 横切りました 写メを撮る余裕もなく、山に入って行きました あの桃太郎の話に出てくるのと 全く同じきれいな色でした そういえば昨年も 我が家の前で 雉のつがいを見かけたのを思い出しました
2012.03.26 春の足音。

蔵の前の空き地に ツクシを見つけました あと2、3日は寒い日が続きそうですが その後は 暖かくなるとの予報です 今週末には が開花しそうな予感です


136年の歴史の幕を閉じることになりました 当時の私の同級生は11人(1学年ですよ)、全校生徒数はたしか63人という、昔から小規模校でした。閉校時には 全校生徒が26人になっていました。私の3人の子供達も この野路中切小学校の卒業生です 閉校というのは やはりさみしい気持ちです  画像は校歌にも歌われている《興学の碑》と、今回の閉校に際して 新しくつくられた記念碑です。校歌にも歌われている《興学の碑》の側面には、私の祖父の名前が彫られています


月曜日着の注文の《囘・生原酒》をすっかり忘れてました 先ほど、注文書を確認していて気付ました。という訳で、こんな時間に 蔵の中で ひとりラベル貼りをしています 最近、年のせいか物忘れが激しくて でも 気付いて良かった  明日の出荷には、なんとか間に合いそうです
会場となった二階のレストランには 定員の60名のお客様に集まって頂きました 篠笛と琵琶の生演奏は 雰囲気をかなり盛り上げてくれました 杜氏の弟とヘルプにかけつけてくれたA君と お酒のサービスと説明に 会場内のテーブルを走り回って けっこう忙しかったです


かなり長い間 悩み抜いたあげく ようやく完成  かなりイメージに近い感じで仕上がっています  純米大吟醸と純米吟醸の沙羅双樹180mlが各1本、それに 白鴻・純米吟醸ブルーボトル180mlの合計3本セット。 小売価格は 税込2940円 こだわりのお土産派には 超オススメ ちなみに広島県内で限定販売の予定です
墓参りに行ってきました。昨日 先祖の墓に参ったので 今日は 三原の伯母の墓と 倉敷にある祖母の墓に 参りました 朝は寒かったのですが 日中は多少暖く 穏やかな一日でした。
定員一杯になりました 当日 お越し頂く皆さんは 一緒に《和》のひとときを過ごしましょう 当日は まだ 発売前の新酒を数種類ご用意させて頂きますので 乞うご期待
23日のメルパルクのイベントについて 昨日 担当者の方から集客の要請依頼の電話がありました ノルマではないとはいえ 10名との数字が 広島の方で ご協力頂ける方がおられましたら 是非とも

白鴻としては 初めての開催。杜氏の弟とふたりで参加しました。30名募集のところ 35名の方に参加して頂きました 空き瓶の数はかなりのものでした なかなか有意義な ひとときでしたが 忙しくて せっかくの料理を食べる時間は ありませんでした でも満足です スタッフの皆さん、お世話になりました





三代目 澤村陶哉先生が 本番の登窯で焼く前に 電気窯で焼いて 実際の絵付けをしてくださいました 金彩と銀彩の絵付けは まさに職人技です いくつかの形を提案していただいたなかから 画像の形を選ばせて頂くつもりです
とはいえ、私は ほとんど ノータッチ 予約分は 生で 冷蔵管理。その他は 瓶で熱処理をします 熱処理の方法は 以前に画像でお見せしたのと 同じです
4月11日から17日まで 池袋西武の酒売場で 試飲販売をします 今回は 日にちによって 売場にいる時間が違います 15日は 都内で取引先の結婚披露宴に参加しますし、13日の夜は 埼玉県の酒販店さんで 白鴻の会をひらいて頂く予定です

《なんば》という鮨やさんです。カウンターだけのお店ですが 味も雰囲気も 文句なし 店内では 撮影禁止なので 入口の看板だけ紹介しておきます 興味深いと思ったのは 食材を保存するための氷式の冷蔵庫です これを見るとすべてにこだわられているのがよくわかります

昨晩10時に 広島からバスで米子に到着。昨晩から今まで が降ったり止んだり 山陰は 瀬戸内とは かなり違います 昼過ぎには 商談が終わったので 夕方には 東京に向かいました


それでも 呉市や広島市から 50名近くの参加者の皆さんに集まって頂き、無事に終えることができました 毎年 参加して頂く若手代表は、海上保安大学校の学生さん達、彼らの動きは頼もしい限りです。呉の山城屋さんのグループは いつも貸切バスでの参加で、料理の力強い応援まで して頂いています 広島市からのグループ参加は 広島の地酒番長こと《あいさん家》率いる面々、朝まで営業の後の参加です
 JR安浦駅から30分歩いてまでも広島市から個人参加のNさん、Iさん、ありがとうございました また地元安浦町からは いつも何かと助けてくれる ガス屋のNさん、建設屋のKさん、自動車屋のOさん、それに今日の草刈りに関わって頂いたすべての皆さんに この場を借りてお礼を言わせてください。ありがとうございましたm(__)m  皆さんのご協力で 初夏には また 蛍の舞を見ることができると思います

パッケージが出来上がり、今日 納品完了しました これまでの試験販売のアタリは 上々です 更に味を改良して 一袋 420円での販売となりました

予約は 順調に入っているそうです まだ 席はあるそうですから お近くの方は ぜひ お越しください
メニューを見せて頂き、料理に合わせて お酒を提案しています この会の開催が決まってから お店の方が蔵まで 来られて色々お話させて頂きました 定員30名で すでに予約で一杯で 新規の予約は断られているそうです それはそれで 嬉しいような、複雑な気持ちです  当日は 杜氏の弟と2人で お伺いするつもりです

すべて 生詰めした後で 画像のように 瓶燗しました 最新の設備がないので アナログ的な感じではありますが 心を込めて作業しています

今回は16回目。ようやく?『白鴻』に声をかけて頂きました 3月23日午後6時半から メルパルク広島の二階のレストランで開催されます。私の提案で 今回のテーマは 『平家物語』。琵琶と篠笛で 『平家物語』の生演奏を聴きながら 沙羅双樹を飲むことができます 詳細はメルパルク広島のホームページから レストランASTORALのイベント情報を ご確認ください。


さっきのグチは 忘れることにしよっ 今日は 大河ドラマ『平清盛』のポスターをゲットしました。以前 紹介した安浦町内で 自費で協力するこになった幟とセットになっているポスターです。なかなか いい感じです
メールマガジンは 送信してくるのなら 不具合情報も 連絡できるはずなのに。親切とは言えない気がします。
蔵の前を流れる野呂川の水もかなり増えています。日曜日の草刈までには 水が引いてほしいものです。店の玄関前の梅の花(植木でなく 切花です)が だんだん膨らんできました。やはり『三寒四温』の言葉通りなのでしょうね。
という訳で 我が家でもお雛様を飾っています。(ここで 本来なら 画像あり。) ところで お内裏様とお雛様の位置関係って 関西(京都)と関東では左右が逆なんですよ。  我が家のは 京雛みたいです。
場所は 中国らしき遊園地。そこにバンジージャンプができるほどの とても背の高いジャングルジムがあります。みんなは、そのジャングルジムに下から 上に登山するみたいによじ登っています。私も 登る決心をし、中国語が理解できないので、とりあえず周りの人の真似をしてどうにか、頂上までたどり着きました。頂上からは 順番に地上に向けて 飛び下りてます。私は怖くなって 固まってました。私の前の人が飛び下りましたが、地上でドスンと音がしました。どうも亡くなったようです。やはり 私は 飛び下りるのをあきらめて また一歩一歩ジャングルジムを降りました。下に降りた時、私の次の順番の人が上から落ちてきました。ところが、落ちる途中でパラシュートが開き 私の目の前に無事着地。私は パラシュートを持っていません。私は、その人に『何故、パラシュートを持ってるの?』と質問しました。答えは『このゲームの受付で配ってるよ。みんなパラシュートを背負ってジャンプしてるんだ。さっき落ちた人は、運悪くパラシュートが開かなかったんだ。あれ?パラシュート
持ってなかったの?』映画《カイジ》の見過ぎでしょうか?
最近、《あまざけ》のご注文をよく頂きます。みなさん、以前 ご注文頂いたリピーターのお客様ばかりです なかには 親御さまが 好きだからとか、という方もいらっしゃいます 現在、品切れしていますが 酒の仕込みが落ち着いたら あまざけを仕込む予定です。